早急に対処しよう

作業担当者

日本には、様々な害獣が存在しています。その中でも昔から人々を悩ませているのが、イタチです。イタチは、細長い身体をしており比較的小さい動物です。見た目は非常に可愛らしく、危害などを加えそうにないのですが、その実態はとても凶暴性の高い生物なのです。イタチは雑食で何でも食べるというのが特徴となっています。他の動物だと、主にネズミや鳥、昆虫、両生類、爬虫類、甲殻類などといったあらゆる生物を食べてしまいます。その細い身体からは想像もつかないような凶暴性を秘めているため、非常に危険な野生動物なのです。日本には現在、5種類のイタチが生息しています。種類によって、凶暴性や習性なども異なりますが、ほとんどは攻撃的で動物や食物を荒らすことが多いのです。

イタチによる被害は、各地で確認されています。今や自然の中だけでなく、多くの人々が暮らす都会にも数が増えてきています。都会で生き抜いていくためには、食料を確保しなくてなりません。そのため、人間の家などに侵入して食材を荒らすという被害は多発しているのです。台所に置いてある食材や、ゴミ箱に捨ててある生ごみ、最終的には可愛がっているペットや家畜なども食用として食べてしまうのです。非常に恐ろしく攻撃的な性質を持ったイタチは、そのままにしておくと何度も被害が多発してしまいます。そのような状態にならないためにも、一刻も早い捕獲を行なうことが大事なのです。捕獲をするには、事前の準備が必要になります。捕獲に使う罠や器具などを用意したり、スムーズに捕獲を行なうためにきちんとシミュレーションをしておくことが肝心なのです。捕獲は、基本的に業者のほうに依頼をして進めていきます。業者のほうに捕獲を依頼すると、確実に捕まえてくれます。また、再び戻ってこないように対策をしてくれます。イタチの被害を再発しないためにも、いろいろな対処を図ってくれるのです。業者のほうに捕獲を依頼して、被害を防いでいきましょう。